高校教師の準備体操

数学専攻の大学生が高校教師になる前にいろいろまとめておくためのブログ。先生の心構え、授業、教員採用試験など。

失う不安と恐怖が原動力になる(こともある)

人間の原動力になることについて、ちょっと本を読んでみた。

 

年度や年のはじめに、ポジティブリストをかく。

たいていうまくいかない。

 

なぜか?

 

新しいものを得ようとしているからだ。

 

人間が動くのは、失うものをイメージできたとき。

 

自動車免許の更新での安全運転講習で見るビデオは、事故による悲劇。いままでの幸せが失われるストーリー。

薬物乱用のビデオも、乱用によっていままでの幸せな人生が破壊されるというストーリー。

 

失うものが見えるときに、人は行動を変えることができる。

 

そういう視点で、これから思考を少し変えてみるのもいいかもしれない。

 

「これから資格をとるぞ!」

 

ではなく、

 

「これに落ちたら5000円がなくなる」

「単位が取れない」

「自分の昇進の機会がなくなってしまう」

 

意図的に切羽詰まった状態にする。

 

「いつやるか、いまでしょ」

→「いやいや、いまやらないとライバルにどんどん差を付けられて君は勝てなくなってしまうよ」

 

いろんなところでちょっと意識してみよう。