高校教師の準備体操

数学専攻の大学生が高校教師になる前にいろいろまとめておくためのブログ。先生の心構え、授業、大学数学、高校数学、教員採用試験など。

ブックスタンドはコスパ高いぞ

Amazonでブックスタンドを買った。2000円しないぐらい。

f:id:g6248:20160330211933j:plain

 

ただ本を開いたままにできるだけの簡単な作りの道具だが、

 

 

 

 

 

めっちゃイイ

 

 

 

これがあることで読書のペースが確実に向上する。読書が好きな人、または読書をしたいけどなかなか・・・という人に向けて入手することをお勧めしたい。

 

理由は大きく2つある。

 

一つ目は「すぐ読み始められることだ」

 

私はよく本を買う。家にはたくさん本がある。でも現状は積ん読になってることも多い。なぜそうなるかというと、本を買っても実際読まないからだ。

 

ではなぜ読まないか、それは

 

気軽に読み始められないから

 

だと思っている(と最近思った)。

本棚の本を読むには、

1.本を本棚などから探す

2.とってきて椅子に座る

3.どこから読むのか思い出す。

 

だが、手順が多くてめんどくさい

(じゃあ読むなよ・・って感じですが)

 

持論だが、読もうかな~とおもってから1秒以内に読めることが大事だと思っている。読み始める前にごちゃごちゃあって1秒も経つと読む気がなくなる。

 

そんな私に必要だったのは、このブックススタンド君だった。もう一度掲載。

f:id:g6248:20160330213047j:plain

メイン机のパソコン横に設置。見てくださいこの「読んでくれ」感。この本くんの、「読んでくれ」感がイイ。そうか、そんなに読んで欲しいなら、読んでやろうじゃないですか。

 

なんてったって首をちょっとそらせば

 

0.1秒で読み始められる。

 

ちょっとした気分転換に気軽に読める。読書への敷居が低くなったぜ!

 

家にAmazonが来て中断しないといけなくなっても、本を閉じる必要はない。そのままスタンドにお返しすればよい。ヤマト運輸のお兄ちゃんが帰ったらまたすぐに再開できる。あれ~どこからだっけ、まあ読むのいいか。ってことにはなりにくい。

 

 

ブックスタンドをオススメする二つ目の理由は、「ネットを有効に活用できる」からだ。

 

両手で本を開いて読んでいるところを想像して欲しい。読んでいる最中に知らない用語や調べたいことが出てきたら、

 

本を閉じねばならない。

 

これは残念な行為だ。先人の知恵を吸収しようと脳味噌がフル回転しているところ、その発信元を断絶しなければならないという非常に愚かな行為だ。(なにかを挟んでおくでは駄目だ。復帰までに時間がかかってしまう。)

 

ブックスタンド君があればどうか、

 

本をそのまま置けばいい。

 

両手フリーで読みながら打てるし。思考が断絶しない。

 

脳が欲しがるままに、情報をインプットできるのだ。ブックスタンド君はなんて脳に優しいんだろう。ありがとう、ブックスタンド君。

 

 

僕はいい友達を見つけられたよ。

 

本はあるけど読む時間がなかなかとれないという方、是非ブックスタンド君をおいてみてください。あなたの読書ライフが大きく変わるかもしれませんよ・・・。