高校教師の準備体操

数学専攻の大学生が高校教師になる前にいろいろまとめておくためのブログ。先生の心構え、授業、教員採用試験など。

売上の公式_セブンイレブンの事例から

経済に関しては素人の私だが、ちょっと興味があったので経営の本を読んでみた。

 

なるほどと思ったのが、

(売り上げ)=(①お客さんの数)×(②購入頻度)×(③客単価)

の式。売上は3つの因数からなる。そこからわかるのは、たとえば①〜③のそれぞれを25%増しにすると、売上は約2倍になる(1.25×1.25×1.25=1.95)

 

私がよくいく、セブンイレブンで上のことを分析してみる。

 

いまやっている期間内に冷凍食品を5回買うと別の商品がもらえるキャンペーン。これは②購入頻度を上げる戦略ですね。レシートにあと2つ期間内に買えばサバの味噌煮がタダでもらえるとなったらやっぱり行きたくなってしまう!

 

ちょっと前に、700円以上で1回くじが引けるというキャンペーンをやっていた。これは、③客単価を上げるのを狙っていると考えられる(1回の売上が700円手前になるお客さんが多いので(勝手な予想)、「 もう一つ 」と思わせる戦略?と思われる)

 

 ①に関係するのはどこに店を出すかとか看板をどこに置くかといった話でしょうかね。

あとお店を綺麗にしておくのはまたお客さんにきてもらうためのこととして、②でしょうね。

 

本は考える枠が与えられて面白い。